本文へスキップ

製造業のコンサル小西正暉は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

HEADLINE

 第773話 「創造力でより良い人生を」

 創造力はより良い人生を歩むための鍵であり、使えば使うほど溢れてくるらしい。今回はアップルやナイキのキャンペーンを手掛けている、写真家でアーティスト、そして起業家でもあるチェイス・ジャービスさんが唱える、創造力を呼び出す手法についてです。

 ジャービスさんはIDEAサイクルを回せと言います。まずは創造したいものを、好きなこと、うまくできるものに絞って「想像する(Imagine)」だそうです。映画「ターミネーター」の監督ジェームズ・キャメロンは、子供の頃エイリアンやロボットの絵ばかり描いていた。そして、犬のフォトグラファーであるウィリアム・ウェグマンは、犬だけ撮り続けてキャリアを築いたとか。

 次は「設計する(Design)」です。ピカソは「計画という乗り物に乗らなければ、僕たちは目的地にたどり着けない。計画を一心に信じ、力強く進んでいくこと。成功に至る道はそれしかない。」と言っているそうです。創造は自然に湧き上がってくるものではなく、手を動かしているときインスピレーションが下りてくることがよくある。なので、集中力の高い時間帯に創造活動をやりなさい(スケジューリングしておきなさい)とジャービスさんは言います。

 3つ目「実行する(Execute)」。「うまく人生を送る秘訣とは、秘訣など無いことを知ることだ。どんな目標でも、努力をいとわなければ必ずかなう。」と司会者でプロデューサーのオブラ・ウィンフリーさんは言っているそうです。大きな成功をつかんだ人は、どんなにプロとして成功しても、決して学ぶのをやめない。好奇心の湧くものを、とにかくやってみる、そしてインスピレーションを大切に。

 最後は「ふくらませる(Amplify)」です。「1人ではほんの小さなことしかできないが、力を合わせれば大きなことができる」とはヘレン・ケラーの言葉です。自分にふさわしい仲間を見つけること、ベースキャンプとなるコミュニティを選ぶこと、そしてコラボレーションしなさいと。

 人には生まれながらにして創造性が備わっている、好きなことに集中しなさい、続けなさい。そうすれば人生は豊かで意味あるものになるとのことです。